クラウドワークスの手数料は高い!節約する方法や、手数料の安いクラウドソーシングも紹介

クラウドワークスは大手のクラウドソーシングで使い勝手が良いが、手数料が高いと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は

  • クラウドワークスの2つの手数料
  • クラウドワークスの手数料を節約する方法
  • 手数料がクラウドワークスよりも安いクラウドソーシング

以上の内容を中心に解説していきます。



クラウドワークスの手数料は高い?2つの手数料を紹介

一言に手数料と言っても、手数料は2つの種類があるので解説します。

システム手数料

1つ目はシステム手数料です。

 

システム手数料とは、報酬を受け取るときにかかる手数料のことで、クラウドワークスの場合20%が手数料です。

 

つまり報酬額が10,000円の場合、20%(2,000円)が手数料となるので、手取りは8,000円ということになります。

 

ただし報酬が

  • 10万円〜20万円:10%の手数料
  • 20万円〜:5%の手数料

となり、報酬額が多い分、手数料が安くなります。

振り込み手数料

2つ目は振り込み手数料です。

 

振り込み手数料は受け取った報酬を銀行に振り込むときにかかる手数料のことで、クラウドワークスの場合は一律で500円が手数料となります。

 

ちなみに、楽天銀行を利用すれば、振り込み手数料は100円となります。

クラウドワークスの高い手数料を節約する方法

ここからは、クラウドワークスの高い手数料を節約する方法を紹介します。

マイルストーン払いにする(システム手数料)

マイルストーン払いとは、1案件で作業工程ごとに複数回に分けて報酬を受け取るシステムのことで、同じクライアントと仕事をする場合に効率良く業務ができます。

 

通常、同じクライアントから何回も案件をもらう場合「案件をもらう→仕事をする→報酬を受け取る→別の案件をもらう」を繰り返し、効率が悪いです。

 

その点、マイルストーン払いにすれば、1度案件をもらって「仕事をする→報酬を受け取る→仕事をする」になり、効率UPもさることながら、1度の案件でもらう報酬が少なくても合計金額が10万円を超えれば、手数料が安くなるのです。

 

同じクライアントから案件をもらっている方は、マイルストーン払いにできないか提案してみましょう。

楽天銀行を利用する(振り込み手数料)

先ほども解説したとおり、クラウドワークスの振り込み手数料は一律で500円と決められていますが、楽天銀行にするだけで100円になるので、おすすめです。

【参考】クイック出金には注意!

クイック出金とは、通常月末と15日が振り込み日と決められているクラウドワークスで、振り込み日以外に出金してくれるサービスのことです。

 

「急にお金が必要で月末まで待てない」という方などには、とても便利なサービスなのですが別に3.5%の手数料がかかるので、どうしてもお金が必要でなければ、クイック出金は使わないほうが良いです。

クラウドワークスよりも手数料が高くないクラウドソーシング

世の中にはクラウドワークス以外にもクラウドソーシングがあり、利用者や案件数はクラウドワークスよりも劣りますが、手数料が安いなどのメリットがあります。

 

手数料が安いクラウドソーシングと、そのクラウドソーシングについてまとめた記事を紹介します。

 

クラウディア

 

【_ist】イスト

 

Bizseek(ビズシーク)

クラウドワークスの高い手数料まとめ

今回は、クラウドワークスの手数料について解説してきました。

 

本記事のポイント

クラウドワークスの手数料は20%で、安いとは言えない
マイルストーン払いなどで、手数料を節約できる
クラウドワークス以外のクラウドソーシングは、手数料こそ安いが案件数は少ない

クラウドワークスの手数料が高いことは本当ですが、稼げるようになればなるほど、かかる手数料は安くなります。

 

クラウドワークスだけで稼ぐのがまだ難しい方は、他のクラウドソーシングと併用して利用していくのがおすすめです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。