ライティングスキルをアップさせる方法とは?文章のプロに頼むのもおすすめ!

Webライターなどのライティングの仕事は、誰でも始められるがゆえ差別化を図らなければ稼ぐことは難しいです。

 

その中でも、ライティングスキルをアップさせたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

ライターの仕事は1人でやることが多く、周りに指導者がいないので、どのようにしてライティングスキルをアップさせればいいか分からない方も少なくありません。

 

そこで今回は、ライティングスキルをアップさせる方法を解説していきます。もちろん1人でスキルアップできる方法を解説しますが、プロに教えてもらう方法もあるので、ぜひ参考にしてみてください。



ライティングスキルをアップさせる方法!

まずは1人でできる、ライティングスキルをアップさせる方法を解説していきます。

本を読んでとにかく毎日書く

ライティングスキルをアップさせると言っても、いきなり闇雲に文章を書いてもライティングスキルは上がりません。

 

適切な文章を学び、それを参考にしながら文章を書いていきましょう。

 

おすすめの本は「マジ文章書けないんだけど」という本です。この本は朝日新聞の校閲記者が文章講座をしてくれます。

 

文章のプロが書く文章なので、どんなジャンルに限らず全ての文章に参考になります。文章の基礎の技術が学べる1冊です。

しかし、本を読むだけではライティングスキルは上達しません。本で学んだことを活かして、書かなければいけません。

 

ライターの仕事をしている方は、仕事で毎日ライティングできますが、駆け出しライターの方は仕事もないので書くことができませんよね。

 

もちろん、文章を書くツールがあるので書くことは出来ますが、ただの練習なのでモチベーションが保ちません。

 

そこでおすすめしたいのが「ブログ」です。ブログであれば自分の書いた文章が読まれますし、人に見られると思うと汚い文章は書けませんよね。

 

自分でブログを開設して、自分の好きなことや得意なことについて記事にしてみてください。

 

ライティングスキルをアップさせるには、とにかく書いて文章を書くという習慣を身に着けましょう。

 

ライティングのスキルが上がるのは、書くのが当たり前になってからです。

 

おすすめ無料ブログに関しての記事↓

文章で稼いでいる人の文章を真似する

文章を書いてお金を稼いでいる人の文章を真似するのも、ライティングスキルをアップさせるための方法です。

 

例えば「マナブログ」のマナブさんや「ヒトデブログ」のヒトデさんなど、文章でお金を稼いでいる方の文章はとても参考になります。

 

ただし、そのままパクってはいけません。書き方や構成などを学び、自分が書くときに参考にしましょう。

小学生にも分かる文章を心がける

これは方法と言うよりは、意識ですね。

 

やはり読みやすい文章は、小学生でも分かりやすい表現で書かれており、老若男女の誰でもが理解し読むことができます。

 

簡単に出来ることと言えば、難しい漢字を使わなかったり、専門的な言葉を使わないなどが一般的な方法です

 

このように、小学生にも分かりやすい文章を心がけるだけでも、ライティングスキルの向上に繋がります。

執筆→改善→修正を繰り返す

本やブログで学んだことを活かして実際に文章を書いてみてください。書き終わった後にもう一回文章を見てみると、意外と思ったとおりに書けていないことが多いです。

 

意識して書いていても自分の癖が出ていることがあり、学んだことが活かせれていなこともあります。

 

なので、書き終わった後の文章を見て、もう一回本やブログを確認し、文章をリライト(修正)していきましょう

 

書いたものを繰り返し修正していくことで、自然とライティングスキルアップに繋がります。

ライティングスキルをアップさせるには文章のプロに添削してもらうのもおすすめ!

上記では1人でできるライティングスキルアップの方法を解説してきましたが、1人だと何が正解なのか分からなくて間違った方に向かってしまう場合もあります。

 

そんなときは文章のプロに自分の書いた文章を添削してもらいましょう。

おすすめは「文賢」というサービス

文賢はライターが執筆した文章を、校正・推敲・校閲してくれる文章作成支援ツールです。

 

文賢は株式会社ウェブライダーが運営しており、Webコンテンツの制作やWebマーケティング支援で多くの実績を積んでいます。

 

豊富なSEOの知識があり、1,000以上の企業に導入されています。

文賢の特徴や値段

文賢は校正・推敲・校閲をしてくれますが、上記の画像は校閲支援機能になります。

 

誤字脱字や、間違った日本語を使っていないかをチェックしてくれます。文賢を使ってみると自分が意外に間違った日本語を使っていると感じれるでしょう。

 

その他の機能では、文章読み上げや漢字の使用率をチェックすることもできます。漢字が多いと分かりにくく硬い文章になってしまいがちなので、意外と便利な機能です。

 

次に文賢の費用を紹介していきます。文賢には主に2つの料金プランがあり、選ぶことが可能です。

スタンダードプラン
種別 費用
初期費用 10,800円
月額費用 1,980円

 

まとめ買いプラン
種別 5以上 15以上 30以上
初期費用 10,800円 10,800円 10,800円
月額費用 1,881円 1,782円 1,683円

まとめプランの「5以上や15以上」とはライセンスのことで、文賢を同時に使えるユーザーの数を表します。まとめプランは企業で多くの人が使うにはお得のプランです。

文献の評判や口コミ

高校生

同じテーマでいくつも記事を書いていると、同じような表現になりがちですが、文賢には同じ意味でも色々な表現を提案してくれます。

あと個人的には、全角と半角が揃ってないときに指摘してくれるのも、助かっています。

文賢を利用して1番変わったところは、文章が見違えたようになりました。同じ内容の文章でも、文賢を使わないのと使うのでは全く違う文章に見えました。

ただ料金的に副業ライターを初めたばかりだと厳しいものがありましたが、今では使っいて良かったと思います。

GoogleドキュメントやWordにも校正機能はありますが、質が違います。

文賢を利用しているユーザーの声を聞くと、機能的には満足している人は多いですが、やはりネックになっているところは料金ですね。

 

ただ文章を書いてお金を稼いでいきたいとなると適当ではいけないので、自分のライティングスキルアップなど、あくまでも補助ツールとして利用するのが1番効果的な使い方です。

 

たしかに安いとは言えませんが、文章やライティングのことを何も知らないのであれば導入するのもおすすめです。

 

あと、ライターをしていてクライアントに添削されるのが嫌いな方にもおすすめです。

【まとめ】ライティングスキルをアップさせるには書かなきゃ無理!

今回はライティングスキルをアップさせる方法について解説してきました。

 

記事のポイント

ライティングスキルを上げるには、とにかく書くこと!
文章のプロに添削してもらうのもおすすめ

ライティングスキルは本を読むだけでは上達しません。本で読んだことを学び・意識してライティングを繰り返さなければいけません。

 

そして、何が正解か分からなくなったときは、文章のプロに見てもらうのもおすすめです。

 

最後までお読みくださりありがとございました。