クラウドワークスで仕事をするなら応募文は大事です。採用されなきゃ意味がない。

どうも、れたすです。

 

この記事を読んでいるということは、クラウドワークスなどのクラウドソーシングで仕事をしている人も多いと思います。

 

しかし、クラウドワークスで仕事をするとは、必ず応募をしなければいけませんよね。

 

初心者の方は、応募文になにを書けばいいのか分からなくて採用されないこともあります。

 

そこで今回は、クラウドワークスで仕事をするときに書く応募文の書き方について、解説していきます。

 

あと、最初に言いますが、この記事を読んだからといって必ず採用されるわけではありません。

 

応募する際に最低限必要なこと、大切なことです。

 

ぜひ、最後までご覧ください。



クラウドワークスで仕事をするなら応募文は大事

クラウドワークスで仕事をする際に、1番大事なことは応募文です。

 

クライアントは数ある応募の中から、何を見て判断・採用すると思いますか。

 

それは、応募文です。

 

応募文がある程度しっかりしていないと、採用されることはまずありません。

 

クライアントは基本的に応募文や実績などで判断するので、実績がなくても応募分がしっかりしていれば採用される確立はグッと上がります。

 

もちろん実績があればもっと採用される確率は上がると思いますが、初心者の方で実績を持っている人の方が少ないと思います。

 

なので、クラウドワークスで仕事をするなら応募分はすごく大事です。

クラウドワークスで応募する際に最低限これは書こう

クラウドワークスで応募する際に、最低限これだけは書いておいた方がいいことを解説していきます。

 

「よろしくおねがいします。」これだけの文章で採用されることはありません。

 

同じ仕事に応募している人はたくさんいます。

 

やはり、採用されるには他の人と同じことを書いていてはいけません。

 

簡単な差別化を図りましょう。

自己紹介

当たり前ですが、自己紹介は必ず書きましょう。

 

  • クラウドワークスで使用している名前
  • 年齢
  • 性別
  • 簡単な自己紹介

 

これだけは応募文の最初に書いておきましょう。

 

自己紹介がないとクライアントは「まずお前は誰なんだ。」となってしまいますからね。

 

こういった応募文に必ず必要な文章は、テンプレートにしておくといいでしょう。

 

  1. マイページの右側にあるボタンを押す
  2. メッセージテンプレート一覧を押す
  3. メッセージテンプレートを作成する

 

これだけで、テンプレートが作れます。

 

自己紹介など、応募する際に必ず必要な文章はテンプレートを作っておくと便利です。

実績・ポートフォリオ

実績やポートフォリオも応募する際には書いておいたほうがいいです。

 

ライティングの仕事に応募する場合に、自分のブログや過去に書いたことのある記事を提出するだけで採用率は上がります。

 

過去に書いたことのある記事をポートフォリオとして提出するときには、気をつけないといけないことがあります。

 

それは、その記事は自分のものではなく、クライアントのものになることが多いからです。

 

よく、仕事の詳細のところにも「書いてもらった記事の著作権は全て当方のものになります。」と書かれていることがあります。

 

つまり、自分が記事を書いてもその記事は、クライアントのもとということです。

 

こういった著作権がクライアントのものを勝手にポートフォリオとして出してしまうと、問題なので

 

あらかじめ、ポートフォリオとして提出していいかクライアントに確認しておきましょう。

納期・執筆にあてられる時間

「私はこの仕事に対してこれくらいの時間作業でき、この期間までに仕事を納品できます。」

 

こういった文言は大切です。

 

やはり、クラウドワークスなどのクラウドワークスで仕事をする上で、納期を守ることは大事です。

 

当たり前ですが、納期を守れなかったら評価も下がりますし、今後仕事をもらえない可能性があります。

 

具体的な数字を応募する際に提示するといいでしょう。

仕事の詳細に書いてあること

皆さんは応募する前に「仕事の詳細」を必ず読んでいるでしょうか。

 

この「仕事の詳細」のところには、仕事の情報の他にも「応募する際に書いてほしいこと」が書いてある場合があります。

 

「仕事の詳細」に書いてあることを応募文に書いていないと、いくら実績があっても採用されません。

 

応募する前に必ず「仕事の詳細」をしっかりと読んでおきましょう。

意気込み

実績やポートフォリオがなくても差別化を図ることは可能です。

 

それは、その仕事に対しての意気込みです。

 

この仕事に応募した理由など、クライアントの目に止まる文章を書いてみましょう。

 

何度も言いますが、数ある応募の中から何も実績のない初心者が採用される確率は低いです。

 

その中でも、採用されるためには、自分が他の人とは違うということをアピールしなければいけません。

 

意気込みであれば何も実績がなくても書けますよね。

 

こういったところで差別化を図って、採用される確率を上げましょう。

 

ただし、あまりにも熱い意気込みを書いてしまうと、クライアントにうっおしいと思われるかもしれません。

 

さじ加減が大事です。

まとめ

クラウドワークスで最も大切な応募分についてまとめてみました。

 

今回の記事のポイントは

 

初心者が採用されるには、他の人との差別化を図ろう
実績がなくても大丈夫!仕事に対して意気込もう

 

でした。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

売り上げの上がるホームページの文章の書き方!【株式会社KABUTO 代表 藤波孝一による動画セミナー】

コメント