初心者が在宅ワークをするなら、断然Webライターがおすすめ

在宅ワークの種類が知りたい。

在宅ワークでWebライターがおすすめな理由を教えてほしい。

このような疑問にお答えします。

在宅ワークの種類

一言在宅ワークと言っても、その種類はたくさんあります。

 

主な在宅ワーク

 

  • ブログ
  • プログラミング
  • Webライター

 

ブログ

あなたの書いたブログに人(アクセス)が来ると収入が発生します。

 

ブログは誰でも簡単に始められることがメリットですが、収益が発生するには時間がかかります。

 

1万円稼げるようになるまで約半年〜1年かかると言われています。

 

しかし、1度収益が発生すればあなたが寝ていても収益が発生します。しかも稼げる金額に天井はありません。

 

ブログで稼ぐというのはとても難しいですが、とても夢のある在宅ワークです。

プログラミング

プログラミングの仕事とは主に、プログラミングを使ってWebサイトの制作などをします。

 

1件Webサイトを制作すると、数万円〜数十万円の報酬が得られます。

 

ただし、プログラミングはしっかりと学習をしなければできない仕事です。

Webライター

Webライターはブログ記事の作成や、企業や商品の紹介文を書いたりする仕事です。

 

報酬は文字単価で支払われることが多く、1文字0.5円〜10円で執筆を依頼されます。

 

基本的にはネットで検索して、ネットを見ながら記事を執筆していくので、知識が特になくても仕事ができます。

在宅ワークのおすすめはWebライター

在宅ワークのおすすめはWebライターです。

 

理由は初心者でも始めることができますし、即金性があるのですぐに収益をあげることができるからです。

 

私も未経験からWebライターを初めて月に2万円ほど稼ぐことができました。

Webライターのメリット

Webライターのメリットは以下のとおりです。

 

  • 未経験から始められる
  • 即金性がある
  • パソコン1台あればどこでも仕事ができる

 

未経験から仕事が受注できるのがWebライターの1番のメリットです。

 

クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを利用すれば、未経験でもできるWebライティングの仕事が多数あります。

 

初心者の方はまずクラウドソーシングサービス会員登録をして、自分ができそうな案件に応募しましょう。

Webライターのデメリット

Webライターのデメリットは以下のとおりです。

 

  • 即金性はあるが最初はあまり稼げない

 

Webライターは誰でも始められて即金性があるのがメリットですが、最初は大きく稼ぐことは難しいです。

 

当たり前ですが、依頼する側も初心者の方に仕事をしてもらいたいとは思いません。

 

なので、最初はたくさんの案件に応募して、採用してくれたら一生懸命記事を執筆しましょう。

 

これを繰り返していき、実績をつくることがWebライターとして稼ぐためには大切なことです。

在宅ワークをするならパソコンは必須

Webライティングに限らず、在宅ワークをするならパソコンは必須になります。

 

Webライターをするのであればそこまで高性能のパソコンは必要ありません。

 

Webライターのおすすめのパソコン

まとめ

初心者が在宅ワークをするなら、Webライターがおすすめな理由を解説しました。

 

今の時代働き方は無限にあるので、家が好きな人は在宅ワークという働き方も考えてみては。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメント