未経験からWebライターになるには。【結論】仕事を受注する。

未経験からWebライターになる方法を知りたい。

このような疑問に、未経験からWebライターを始めて月に20,000円ほどの収入を得ている私、れたすが解説していきます。

未経験からWebライターになるには。

未経験からWebライターを始める手順は2つです。

 

クラウドソーシングサービスに登録する
実際に仕事を受注する

 

詳しく解説します。

クラウドソーシングサービスに登録する

クラウドソーシングサービスとは、仕事をしてほしい人(クライアント)と、仕事をしたい人(受注者)を効率よく繋いでくれるサービスのことです。

 

クラウドソーシングサービスを利用すれば、未経験でも仕事を受注することができます。

 

主なクラウドソーシングサービス

 

クラウドワークス

クラウドワークスの評判は?メリットやデメリット、口コミも紹介。

 

【サグーワークス】

サグーワークスの評判は?メリット・デメリット、口コミを紹介。

 

これらのクラウドソーシングサービスは全て無料で会員登録できるので、とりあえず登録だけでもしておきましょう。

実際に仕事を受注する

クラウドソーシングサービスに登録が完了したら、あとは実際に仕事を受注するだけです。

 

最初はとにかく様々な案件に応募しましょう。正直最初は受からないと思います。

 

クラウドワークスであれば「未経験可」「初心者可」と書かれている案件に応募しましょう。

 

高単価の案件は競合も激しいので、未経験者が合格できる可能性は極めて難しいです。

 

なので、最初はあまり稼げないと思いますが、お金じゃなくて自分のスキル向上だと思って、単価が低くてもどんどん案件をこなしていきましょう。

 

そうしていくと高単価な案件にも挑戦できるようになります。

Webライターに必要なスキルは本で勉強しよう

未経験からWebライターになるときは1冊の本を読んでおけば大丈夫です。

 

それは「沈黙のWebライティング」という本です。

 

WebライターにはSEOという知識が必須になっていきます。

 

「沈黙のWebライティング」には初心者の方でもSEOに関することが、初心者にも分かりやすいように書かれています。

 

マンガ形式で書かれているので、本が苦手な方も読みやすいです。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

【沈黙のWebライティング】マンガしか読まない私だけど、この本マンガだった件。

【まとめ】Webライターになるにはいきなり仕事を受けよう

未経験からWebライターになるにはどうすればいいのか解説してきました。

 

今回の記事のポイントは

 

クラウドソーシングサービスを利用して仕事を受注しよう
本を読んで勉強しよう

 

でした。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメント