WebライティングはiPadでもできる!?おすすめはPC。



WebライティングはiPadでもできますか?

 

 

WebライティングをiPadでやるメリットを教えて下さい。

このような疑問にお答えしたいと思います。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

WebライティングはiPadでできる

結論から言うとWebライティングはiPadでもできます。なんならスマホでも執筆可能です。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

ここからは、WebライティングをiPadでやるメリット・デメリットを解説していきます。

 

iPadのメリット

WebライティングをiPadでやるメリットは以下のとおりです。

 

  • 持ち運びが楽
  • 充電が長持ち

 

持ち運びが楽

iPadがPCよりも優れている点は、持ち運びが楽なことです。

 

当たり前のことですが、PCよりも軽くて小さいので持ち運びが楽です。

 

充電が長持ち

iPadは基本的に10時間ほど充電がもつので、長い時間作業する方にはおすすめです。

 

iPadのデメリット

WebライティングをiPadでやるデメリットは以下のとおりです。

 

  • マウスが使えない

 

マウスが使えない

iPadの1番のデメリットはマウスが使えないことです。

 

テキスト以外の作業をする場合に、いちいち画面を触らないといけないのがデメリットです。

 

ドラッグをすることができないので、コピペもやりにくいです。

 

WebライティングはiPadでもできるけどPCがおすすめ

WebライティングはiPadでもできますが、やはりPCがおすすめです。

 

どうせやるのであれば、PCを買ったほうが作業効率もいいです。

 

WebライティングにはChromebookで十分

WebライティングにはChromebookというPCがおすすめです。

 

Webライティングで行う作業は一通りできますし、iPadよりも安いです。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

【まとめ】どうせやるならPCを使おう

今回の記事のポイントは

 

WebライティングはiPadでもできる
iPadでもできるがどうせやるならPCがおすすめ
です。
最後までお読みくださりありがとうございました。

コメント