Webライターとコピーライターの違いを解説。

Webライターとコピーライターの違いを教えて下さい。

 

この疑問にお答えします。

 

Webライターとコピーライターの違い

Webライターとコピーライターはどちらも「文章」を書く仕事です。

 

しかし、Webライターとコピーライターの違いについて知らない人は多いと思います。

 

ここからは、WebライターとWebコピーライターの具体的な違いについて解説していきたいと思います。

働く場所が違う

Webライターとコピーライターでは働く場所が違います。

 

Webライター

Webライターは主に出版業界で働きます。

 

勤務先は

 

  • 出版社
  • 編集プロダクション

 

しかし、ほとんどのWebライターはフリーランスとして活躍しています。

 

また、現在はインターネットが普及しているので、Webコンテンツに携わるライターも増えています。

 

コピーライター

コピーライターは主に広告業界で働きます。

 

勤務先は

 

  • 広告代理店
  • 広告制作会社

 

独立してフリーランスとして働いたり、自分の会社を立ち上げる人もいます。

 

仕事の役割が違う

Webライターとコピーライターでは仕事の役割も異なります。

 

Webライター

Webライターの仕事の内容は、ブログ記事の執筆、企業などの商品紹介、さらに、書籍や雑誌の記事の執筆などです。

 

伝えたい内容やテーマを、自分で調べたり実際にインタビューをして記事を書きます。

 

コピーライター

コピーライターの「コピー」とは広告全般を表します。

 

コピーライターの仕事は、ポスターや電車の宙吊り広告、チラシなど様々な広告に書かれている文字を執筆します。

 

広告の目的は、企業やブランドイメージの向上であったり、あらゆる商品の宣伝など様々です。

 

執筆する文章の種類や長さが違う

Webライターとコピーライターでは、執筆する文章の種類や長さが違います。

 

Webライター

Webライターはインタビュー記事やコラムなど、比較的長い文章を書きます。

 

場合によっては数千文字や数万文字の文章を書きます。

 

コピーライター

コピーライターの書く文章は「キャッチコピー」など比較的短い文章です。

 

「リードコピー」や「ボディコピー」など長い文章を書く場合もありますが、広告で伝えたいことを考えて、シンプルで短い文章を執筆します。

 

まとめ

今回はWebライターとコピーライターの違いについてまとめました。

 

物事を調べることが得意で、長い文章を書くことが苦ではない人は「Webライター」

 

キャッチコピーを考えることが好きな人は「コピーライター」が向いていますね。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメント