フリーランスのWebライターにはどうやってなる?平均年収も解説。

「Webライターをしているけど、どうやったらフリーランスになれるの?」「フリーランスのWebライターの平均年収を知りたい。」

 

この疑問は本記事を読んでいただけたら解決できます。

 

本記事の内容

  • フリーランスのWebライターになる方法が分かる
  • フリーランスのWebライターの収入が分かる

ぜひ最後までご覧ください。

フリーランスのWebライターになるには

フリーランスのWebライターになるには以下の方法があります。

 

  1. 出版社で働いたあとに独立
  2. Webライターの養成学校に通う
  3. 未経験でも仕事ができるクラウドソーシングサービスを利用する

 

1つずつ解説します。

 

出版社で働いたあとに独立

1つ目の方法は、出版社で社員やアルバイトとして働いたあとに独立する方法です。

 

Webライターの仕事だけではなく、編集の経験もあると、独立後にフリーランスのエディター兼ライターとして働けます。

 

1回出版社などで働くと仕事の幅が広がります。

 

Webライター養成学校に通う

Webライターの養成学校に通うのも1つの手です。

 

Webライターの養成学校では3ヶ月〜1年の期間Webライターの勉強をします。学費は10万円〜100万円まで様々です。

 

会社員向けの学校は、平日の夜や土日に授業を行う場合もあるので、仕事終わりに学校に通うこともできます。

 

未経験でも仕事ができるクラウドソーシングサービスを利用する

Webライターは比較的未経験でも仕事ができる仕事です。

 

クラウドソーシングサービスを利用すれば、無料で会員登録をしたあとに仕事を受注できます。

 

主なクラウドソーシングサービス

 

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

 

これらのクラウドソーシングサービスは、全て無料で会員登録できるので登録をしておきましょう。

 

特にサグーワークスはWebライティングに特化したクラウドソーシングサービスなのでおすすめです。

 

未経験でも多くの仕事を受注できるのでおすすめです。

日本最大級の記事作成サービス【サグーワークス】

フリーランスのWebライターの平均年収は?

ここからは、フリーランスのWebライターの平均年収を紹介します。

 

フリーランスのWebライターの年収は50万円〜1000万円まで様々で、平均年収は300万円だと言われています。

 

Webライティングの仕事は基本的に文字単価で報酬が支払われます。

 

しかし、稼いでいるWebライターのほとんどは文字単価ではなく、記事単価で1記事いくらという契約をしています。

 

フリーランスのWebライターとして稼ぐには、いかに文字や記事の単価を上げることが大切です。

まとめ

今回の記事の内容は

 

  • フリーランスのWebライターになる方法は様々
  • フリーランスのWebライターとして稼ぐには単価の交渉をしよう

 

でした。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメント