うつ病に合った働き方を見つけよう。うつ病の人におすすめの仕事も解説。

うつ病の人にとって自分に合った働き方を見つけることは、切っても切り離せられません。うつ病の人は自分に合った働き方を見つけることが大事です。

しかし、自分はどのような仕事が向いているのか、どんな仕事に就けばよいのか分からない人も多いと思います。

この記事を読んでいただけたら、うつ病の人がどんな仕事に向いているか、どういった仕事なら長く働けるのか知っていただけると思います。

 

うつ病に合った働き方を見つけよう

うつ病の人が働くには自分に合った職業を選ばなければいけません。もし自分に合っていない、自分がしたくない仕事を選んでしまったら

すぐに仕事を辞めてしまうかもしれませんし、仕事のストレスによってうつ病が再発してしまうかもしれません。

そうなってしまうと、また仕事を探すところから始めないといけなくなってしまって

仕事を探す→就職する→仕事が嫌になる→仕事を辞める→仕事を探す

この地獄の無限ループになってしまいます。

こうならないためにも自分に合った仕事を見つけることが大切です。

うつ病の人におすすめの仕事

ここからはうつ病の人に合ったおすすめの職業を紹介していきます。

うつ病の種類は様々で一概には言えないですが、うつ病の人に合った仕事は

  • タグ付けや検品などのピッキング作業
  • 在宅勤務可能な仕事(Webライター、デザイナーなど)
  • 警備員

です。この上記ので記した仕事には以下のような特徴があります。

  • 1人で黙々と作業ができる
  • 人と触れ合うことの少ない

うつ病の人にピッキングなどの軽作業の仕事はおすすめです。1人で黙々と作業ができますし、採用してくれる会社も多いからです。

続いては在宅勤務可能な仕事です。プログラマーやエンジニアも在宅勤務可能な仕事ですが、ある程度のスキルが必要です。

その点Webライターはおすすめの仕事です。スキルのない未経験者でも受注できる案件もありますし、クラウドソーシングサービスを利用すれば全てインターネット上での作業となるので人と会う心配はありません。

私がおすすめするクラウドソーシングサービスはサグーワークスです。

サグーワークスはWebライターに特化したクラウドソーシングサービスで、未経験でもできる案件があります。

さらにどんどん案件を受注してサグーワークス内でのランクが上がれば、高単価な案件も受注できるようになり安定的に稼げることが可能です。

日本最大級の記事作成サービス【サグーワークス】

警備員もうつ病の方にはおすすめの仕事です。あまり話さなくてもよいですし、黙々と仕事ができます。

夜勤にすればさらに人と話さなくてもよいですし、給料も高くなるのでおすすめです。

まとめ

今回はうつ病に合った働き方とおすすめな仕事について解説してきました。

今回の記事のポイントは

  • うつ病の人が仕事を選ぶときは慎重に
  • 人と関わりの少ない仕事を選ぼう

です。

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメント