うつ病の人は就職、転職ができる?何を準備すればいいの?解説します。

「私は現在うつ病なのですが、就職できますか?」「うつ病によって会社を辞めてしまったのですが転職できますか?」

こんな疑問にお答えします。

この記事を読んでいただけたら、うつ病の人が就職、転職するために必要なことや準備することが知れると思います。

ぜひ最後までお読みください。

うつ病の人は就職、転職ができる?

結論から言うと、うつ病の人も就職や転職はできます。

たしかにうつ病の人は他の普通の人よりは就職や転職は難しいのは確かです。

しかしできない訳ではありません。

しっかりと自分のうつ病と向き合い理解し、うつ病の人に合った就職や転職に関する取り組みをすることで、就職や転職を成功させることができます。

うつ病の人が就職、転職するときに何を準備する?

うつ病の人が就職、転職するときにまず準備することは以下のとおりです。

  • カウンセラーや専門医に相談
  • 実際に就職、転職したい業界のことを研究
  • 履歴書の作成

カウンセラーや専門医に相談

1人で考えることはありません。就職や転職のことをカウンセラーや専門医に相談することでアドバイスがもらえます。

1人で考え込まないで、家族の方や友人に相談してみても良いです。

実際に就職、転職したい業界のことを研究

自分がどんなところで働いてみたいのかしっかりと調べてみるのが大切です。

自分がどのような業界でどのような働き方ができるのか研究しておきましょう。

履歴書の作成

就職、転職するには当たり前ですが履歴書を作成することが必要です。

自分の今までの職歴やアピールポイントなど、この会社で働きたいという気持ちをしっかりと書きましょう。

うつ病の人が就職、転職するには障がい者向けのサービスを利用しよう

うつ病の人が就職、転職するには障がい者向けのエージェントサービスを利用することもできます。

私がおすすめするエージェントサービスはシゴトライというエージェントサービスです。うつ病に特化したエージェントサービスです。

うつ病の人が就職、転職するときに不安なこと

  • 精神障がい者を積極的に採用してくれる企業を知りたい
  • 面接でのアピールが苦手
  • ストレスに弱い
  • オフィスワークで就職したい
  • ストレスに弱い
  • 仕事が長く続かない
  • 離職期間が長い
  • 対人関係に自身が持てない

こんな悩みにシゴトライ手助けをしてくれます。他にも就職のサポートや就職にあたってスキルアップ研修などもあります。

就職や転職に不安を抱えている方は1度問い合わせてみるのをおすすめします。

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

まとめ

皆さんいかがでしたか、今回の記事のポイントは

  • うつ病の人でも就職や転職はできる
  •  準備することはしっかりと準備しよう
  • 障がい者向けのエージェントサービスを利用しよう

でした。

うつ病は誰にでもなる可能性がある病気です。他人事にはせず、自分がうつ病でなくても周りにうつ病の人がいたら手助けをしてあげましょう。

その手助けがうつ病の人にはありがたいです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメント