HSPの人に向いている仕事って何?5つ紹介します。

皆さんどうもretasu8855です。皆さんはHSPという心の特徴をご存知でしょうか。HSPの人には向いている仕事があります。

HSPとは

HSPとは簡単に説明すると繊細すぎて疲れてしまう人のことを言います。HSPは病気ではなくその人自身の個性だと考えてください。

なのでHSPを無理に治そうとするのではなく、上手に付き合っていくことが大事になってきます。

HSPの人は自分がどんな仕事が向いているかどうか分からないと思うので、HSPの人に向いている仕事を5つ紹介していきたいと思います。

HSPの人に向いている仕事

HSPの人に向いている仕事

  • 整体士
  • カウンセラー
  • 動物のトレーナー
  • フリーランス
  • デザイナー

HSPの人に向いている仕事は以下のような特徴があります。

  • 人を癒やす仕事
  • 相手の気持ちを汲み取る仕事
  • 自然・動物と関わる仕事
  • 自分のペースでできる仕事
  • 芸術系の仕事

HSPの人は繊細すぎて疲れてしまうと思いますが、逆を言えばとても繊細なので他の人には向いてない仕事が向いています。

人の役に立ちたい気持ちが強いHSPの人には整体士などの仕事が向いています。人と関わる頻度の少ない動物のトレーナーなどもおすすめです。

芸術系の仕事が向いている理由は、HSPの人は他の人より感受性が豊かだからです。

HSPの人に1番おすすめな仕事はフリーランスです。人と関わる頻度も他の仕事よりも少ないですし、仕事内容も自分自身で決められるからです。

ですが、フリーランスは自分で仕事を獲得しなけれなならないので、大変です。フリーランスになるという覚悟が必要です。

まとめ

皆さんどうでしたでしょうか、今回はHSPの人に向いている仕事を紹介してきました。

何回も言いますがHSPは病気ではありません。あくまでもその人が持っている特徴なので、治すのではなく付き合っていきましょう。

最後までお読みくださりありがとうございました。

retasu8855.hatenablog.com

retasu8855.hatenablog.com

コメント