Chromebookでできること、できないことを解説していきます。

皆さんどうもretasu8855です。皆さんはGoogleが開発したChromeOSを搭載したChromebookというノートパソコンをご存知でしょうか?

WindowsMacとは違う魅力のあるChromebook。今回はChromebookには何ができて、何ができないのかを解説していきたいと思います。

Chromebookでできること

カフェで使用中のノートパソコン(Macbook)

Chromebookでできることはブラウザを使った作業全般です。ネットサーフィンはもちろん、You Tubeを再生することもできます。

Wordやexcelの代わりになるGoogleドキュメントやスプレッドシートも使えるので、安心です。

オフラインでも使える

皆さんはChromebookのことをネット環境が無ければ使えないと思っている人も多いと思いますが、以外にもオフラインでも使えるものもあるのです。

メモを書いたりGoogleドキュメントなどもオフラインで使えることができます。

Androidアプリも使える

これはChromebookならではのことでAndroidのアプリが使えることです。

Chromebookタブレットにして使えるものもあるので、スマホゲームをChromebookの大きい画面で遊ぶこともできますし、電子書籍としても使えます

Chromebookはパソコンとタブレットのいいとこ取りをしたものだと考えられます。

Chromebookでできないこと

お手上げで降伏する女性

こんなにも便利なChromebookですが、できないことも当然あります。

インストールが必要な作業はChromebookにはできません。例えば、Steamからゲームをダウンロードして遊ぶことです。

他にもChromebookにとって高負荷な動画や写真の編集作業などはChromebookにはできないことが多いです。

もちろん簡単な編集などはできますが、本格的な動画編集をしたい方はWindowsMacのパソコンを買ったほうがいいです。

まとめ

皆さんどうでしたでしょうか、今回はChromebookにできることとできないことについて解説してきました。

今回の記事のポイントは

Chromebookにできること

  • ブラウザを使った作業
  • Googleドキュメントなどを使った物書き
  • オフラインでも使える
  • Androidアプリが使える

Chromebookにできないこと

  • インストールが必要な作業
  • 動画編集や写真加工などの高負荷な作業

以上がChromebookにできることとできないことです。

Chromebookはできないこともありますが、WindowsMacにはできないこともできる魅力があるノートパソコンです。

初めてパソコンをさわる方やそんなに高スペックじゃなくていいから、あまり値段が高くないパソコンが欲しい方はおすすめです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

Chromebook クロームブック Lenovo ノートパソコン 14.0型フルHD液晶 英語キーボード S330 ビジネスブラック グーグル Google

Chromebook クロームブック Acer ノートパソコン 15.6型WXGA液晶 日本語キーボード CB3-532 グラナイトグレイ グーグル Google

コメント