【簡単】腹筋の割り方。結論、体脂肪を減らせば割れる。

「腹筋をしているのに中々腹筋が割れない。」「体重は減らせたけど腹筋が見えてこない。」こんな悩みはこの記事を読めば解決できます。

 

体脂肪を減らせば腹筋は割れる

倒れずに腹筋スマイル

結論から言いますと皆さんの腹筋は割れています。ただお腹の脂肪が多いので腹筋が見えてこないだけです。

なので体脂肪さえ減らすことができれば腹筋は見えてきます。簡単ですよね。ちなみに腹筋が見えてくる体脂肪の目安は以下の通りです。

・男性 15%

・女性 17%

このくらいまで体脂肪を減らすことができれば腹筋は見えてきます。

体脂肪を減らすには1日の消費カロリーよりも1日の摂取カロリーを少なくしなければなりません。

腹筋運動をする

アブローラーで腹筋を鍛えるトレーニー

基本的に体脂肪さえ減らすことができれば腹筋は見えてきます。しかしそれでも腹筋が見えてこない場合があります。それは腹筋の筋力がないからです。

腕を太くしたかったら腕の筋トレをするように、腹筋を見えるようにするには腹筋の筋トレをして腹筋を大きくしなければなりません。

おすすめはアブローラーです。普通に腹筋運動をするよりも効果があります。2日に1回や3日に1回を目安に行ってください。

もし筋肉痛がきたらその日は腹筋運動をしないでください。筋肉痛は筋肉が大きくなるサインなのでその日はしっかり休んでください。

ちなみに、お腹に力を入れて体を反らさないのがアブローラーを行ううえで大事なことです。

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

腹筋を割るためにはタンパク質を摂る

運動後45分のゴールデンタイムにプロテインを飲むトレーニー

最後に1つ大事なのがしっかりとタンパク質を摂ることです。体脂肪を減らそうと思って食事量を減らすかと思いますが、タンパク質だけは必ず摂取してください。

タンパク質を摂らないと筋肉が減少してしまいます。

・体重×2

これを目安にタンパク質を摂取してください。

体脂肪を減らしつつタンパク質をしっかりと摂る。このバランスが腹筋を見えるようにするためには大事なことです。

手っ取り早くタンパク質を摂取する方法としてプロテインがおすすめです。カロリーが低いしタンパク質がとても多く入っています。

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】

まとめ

皆さんどうでしたでしょうか、腹筋を割る方法について理解していただけましたでしょうか。

今回の記事のポイントは

  • 腹筋はすでに割れている。体脂肪を減らせば腹筋は見えてくる。
  • 腹筋運動をして腹筋を大きくする。
  • タンパク質を摂取して筋肉を減らさない。

でした。

腹筋を見えるようにするには継続が大事です。すぐには効果がでてこないかもしれませんが、根気よく頑張ってください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメント