自分はうつ病?5つの項目で確認、対処法も教えます。

「最近落ち込むことが多いけど、うつ病なのかな」「眠れない日が続くなー」そんな方はもしかしたらうつ病なのかもしれません。

私は現在うつ病なので分かります。

自分はうつ病?5つの項目で確認

体育座りをする人の後ろ姿のイラスト(男性)

ここからは自分がうつ病かどうか確かめていきましょう。最初に言っておきますがうつ病は誰にでもなる可能性がある病気です。

この記事を見て皆さんうつ病を克服しましょう。

抑うつ状態が続く

うつ病の代表的な例がこの抑うつ状態が続くことです。簡単に解説すると気分がすごく落ち込むが続いてるということです。

何をやっても楽しくない

いつも楽しいと思っていたことが急に楽しめなくなったらうつ病の可能性が高いです。

眠いのに眠れない

夜に眠りたいのに寝れないことが続いたり、夜中に目が覚めることが多くなったらうつ病の可能性があります。

食欲がなくなる、食欲が増す

食欲がなくなるのは分かるかもしれませんが、以外に食欲が増して過食症になることもあります。

自殺を考えることがある

言葉のとおりです。

よくわかるうつ病 診断と治療、周囲の接し方・支え方 (別冊NHKきょうの健康)

うつ病の対処法

ここからはそんなうつ病になってしまったらどうすれば良いか解説していきます。

休養する

うつ病を治すのに1番必要なのが休養することです。自分が思う1番リラックスできることでしっかり休養しましょう。

薬物療法

うつ病は病気なので薬物治療があります。抗うつ薬を飲むことによって気分が少しはましになります。

カウンセリングを受ける

うつ病患者は自分を客観視できない場合が多いので、カウンセリングを受けることによって今の自分の状態が分かります。

まとめ

皆さんどうでしたでしょうか、自分がうつ病かどうかお分かりいただけたでしょうか。うつ病はいけないことではありません。

うつ病を克服することによって自分に自身がもてることもあります。うつ病はすぐには治りません。長い目で見ることが1番大切です。

最後までお読みくださりありがとうございました。

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

コメント